長野のカウンセリングルーム、軽井沢、佐久、上田、小諸、高崎近郊、スピリチュアルカウンセリング、ハイヤーセルフ・高次の意識と繋がるワンネスディクシャ、癒しサロンヒーリングムーンでは、人間関係を整え、心と身体、魂を癒すトータルケアを行っています。長野軽井沢を中心に、千葉、東京、埼玉、茨城、仙台へも出張

ブログ/2017-03-04

Top / ブログ / 2017-03-04

スピリチュアル心理カウンセリングを受けたAさんの感想

久しぶりにスピリチュアル心理カウンセリングを受けた方の感想をアップします!

Aさんは「表現」のブロックがあってこちらにいらっしゃいました。

皆さんも表現することに対してブロックって結構あったりしませんか?

言いたいことが上手く言えない
断れない
言いなりになってしまう
感情を抑圧してしまう

とか

表現の自由は内側にありますか?

以下、Aさんのスピリチュアル心理カウンセリングを受けた感想↓

長野 Aさん

私は人に怒られるのが怖かったんだ、
人の気分を損ねるのがすごーく怖かったんだと気づいた
はりがねのようなものでがんじがらめにしていた自分を少し解いて
ホワーンと解放されたような気がした
ハイヤーセルフが蝶々のように羽を羽ばたかせて、私のインナーチャイルドに温かい光を送り続けてくれているようなイメージが浮かんだ
インナーチャイルドはその光を受けてニッコリと微笑み、
お花畑の中でごろんと横になり寛いでいた
最初はくつろいでいただけだったのが
少し経つと空を自由に飛び回っていた
人の機嫌を損ねても何も怖いことは起こらない
自分な私で自由な心でいようと自然に思えました

以上になります。

自由な心

恐怖はまだ起きていないイメージの中にあります。

こうすると機嫌を損ねてしまうのでは・・・
こうしたらきっと嫌われる・・・
断ったら・・・

両親との関係の中で起きた記憶に恐怖が強く残っていると、
インナーチャイルドは、
その記憶によって言いたいことが言えなかったり、
人に怒られるのが怖くてビクビクして、
自由に表現することが出来ません。

両親との関係を整え、
無意識に刷り込まれた不必要な否定的信念や条件付けに気付き、
ハイヤーセルフと繋がって至高の光・愛を受け取ると、
自由な心へと向かいます。



コメント


認証コード(8967)

powered by QHM 6.0.11 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional